大規模修繕工事

築40年住宅の耐震補強にかかる費用について|安く抑えるコツも紹介

築40年以上経過した多くの戸建て住宅は、改正前の建築基準法に基づいて建設されています。1980年以前に建てられた住宅に引き続き住みたい場合は、耐震補強工事を行うことで安心して暮らすことができます。

この記事では、耐震補強が必要な理由や費用の相場、築40年住宅の耐震補強に使える補助金についてご紹介します。さらに、耐震リフォームを行う際に利用しやすい補助金や減税制度についても解説します。

 

大規模修繕工事で良い業者を見つけたいという方は、大規模修繕工事の見積もり比較ができる「ニューサツ」をぜひ一度御覧ください。

ニューサツでできること

 

築40年住宅に耐震補強工事が必要な理由

まずは築40年住宅に耐震補強工事が必要な理由について2点お伝えします。

住宅の老朽化

築40年を超える住宅に耐震補強工事が必要な理由の一つに「住宅の老朽化」があります。以下に、その詳細を解説します。

  • 構造材の劣化:年月が経つと、木材や鉄骨などの建築材料は自然と劣化します。木材は湿気による腐食、シロアリ被害、乾燥による割れなどで強度が低下します。鉄骨はサビや腐食により、耐久性が落ちることがあります。
  • 接合部の緩み:建物の構造材をつなぎ合わせる接合部も、時間の経過とともに緩みやすくなります。特に、地震や強風などの外力を繰り返し受けると、建物全体の耐久性が弱くなり、構造的に脆弱になります。
  • 基礎の劣化:基礎のコンクリートも、ひび割れや浮き、沈下などの問題が生じやすくなります。基礎が劣化すると、建物全体の構造を支える力が弱くなり、地震時の倒壊リスクが高まります。
  • 外壁や屋根の老朽化:外壁や屋根の防水層や塗装が劣化すると、雨水が浸入し内部の建材にダメージを与えます。これにより、建物全体の耐久性が低下し、耐震性にも影響します。

築40年を経過した住宅では、これらの劣化が建物の耐震性を著しく低下させることがあるため、適切な耐震補強工事が必要となります。

耐震基準の変更

築40年以上の住宅に耐震補強工事が必要な理由の一つに、「耐震基準の変更」が挙げられます。以下に詳しく説明します。

  • 新旧耐震基準の違い:1981年に新しい耐震基準が導入される以前は、旧耐震基準に基づいて建設された住宅が多くありました。旧耐震基準では、震度5程度の地震に耐えられる構造が求められていましたが、新耐震基準では震度6〜7の大地震に耐えられる設計が求められるようになりました。従って、1981年以前の基準で建てられた住宅は、新耐震基準に基づく住宅よりも耐震性能が低い可能性が高いのです。
  • 2000年の耐震基準強化:2000年には、阪神・淡路大震災を受けて耐震基準がさらに強化されました。この変更では、建物の接合部の強度や基礎の設計、耐力壁のバランスなどが厳しく規定されるようになりました。そのため、2000年以前の基準で建てられた住宅は、最新の基準に比べて耐震性能が劣る可能性があります。
  • 耐震基準の適合性:築40年以上の住宅は、改定された新しい耐震基準に適合していない可能性があり、地震時に建物が崩壊するリスクが高くなっています。そのため、現在の耐震基準に適合するように補強工事を行い、建物の耐震性を確保することが重要です。

以上のように、耐震基準の変更に伴い、築40年以上の住宅では耐震補強工事が必要とされるのです。

築40年住宅の耐震補強にかかる費用

築40年住宅の耐震補強工事にかかる一般的な費用です。ただし、住宅の規模、状態などによって費用は変わりますので詳しくは業者に見積もりをもらいましょう。

工事内容費用の目安詳細
耐力壁の設置10万円〜50万円/壁1箇所建物全体の耐震性を向上させるための耐力壁の新設や補強
接合部の補強10万円〜30万円/箇所柱や梁、基礎などの接合部分の金具設置や補強作業
基礎の補強50万円〜200万円/建物全体基礎のコンクリートに鉄筋を入れる、もしくは基礎自体を追加する工事
屋根の軽量化50万円〜150万円瓦屋根を軽量な屋根材に交換し、建物全体の重量を減らす工事
総合的な耐震補強工事100万円〜500万円/建物全体建物全体の耐震診断に基づいた総合的な補強工事

以上の費用はあくまで一般的な目安であり、工事の規模や住宅の状況によって費用が変動することがあります。補強工事を実施する際は、信頼できる業者に耐震診断を依頼し、具体的な費用見積もりを取ることが大切です。

築40年住宅の耐震補強工事を安く抑える方法

耐震補強工事は大きな投資になるため、費用を抑えながら安全性を確保するには慎重な計画が必要です。以下に、費用を抑えるためのポイントをまとめました。

  • 助成金・補助金の活用:多くの自治体で、耐震診断や耐震補強工事に対する補助金や助成金を提供しています。工事の費用を大幅に抑えられる場合もあるため、お住まいの自治体に問い合わせて制度を活用しましょう。
  • 複数の見積もりを取る:工事業者により費用の見積もりが異なるため、必ず複数の業者から見積もりを取って比較検討することが重要です。信頼できる業者を選びつつ、無駄なコストがかかっていないかチェックしましょう。
  • 耐震診断を受ける:耐震診断により建物全体の状態を把握し、必要な補強範囲を明確にすることで、不要な工事を省けます。専門家に診断してもらい、最適な補強プランを立てましょう。
  • 必要な部分に限定して補強する:全体の補強が理想的ですが、予算の制約がある場合、まずは重要な箇所に絞って補強を行うと良いでしょう。例えば、耐力壁の設置や接合部の強化、基礎の補強などが優先されることが多いです。
  • 工事のタイミングを調整する:他のリフォーム工事と同時に耐震補強工事を行うことで、複数の工事を一度に済ませられるため、全体の費用を抑えられる場合があります。

上記のポイントを押さえ、計画的に耐震補強工事を行うことで、費用を抑えつつ効果的な安全対策ができます。

まとめ

本記事では、築40年以上の住宅の改修にかかる平均的な費用や、活用できる補助金について情報を紹介しました。

築40年を超える住宅は時間の経過とともに老朽化が進み、地震などの自然災害によって倒壊するリスクが高まります。このリスクを軽減するために、耐震性を向上させるリフォームを推奨します。これにより、より安全で安心な居住空間を実現できます。

 

大規模修繕工事で良い業者を見つけたいという方は、大規模修繕工事の見積もり比較ができる「ニューサツ」をぜひ一度御覧ください。

ニューサツでできること

関連記事

TOP